古い水道水栓の交換方法

本日のお困り事は、40年前の水道水栓の給水パイプの鉄の部分が錆で穴が

開き、水が漏れ出したので 修理修繕して欲しいとのお悩みです。

さて、この給水管は旧式で鉄製の給水パイプになってます、昔 子供のころ、
おばーちゃん家に行ったときに見た気がします。

これは、レア物です、ビンテージです。今は給水管も塩ビ素材になっており、錆びて水漏れする事は無くなっています。

見れば下から、タイルを突き抜けて給水管が上がってきてます。

この手の給水管交換をした事が無い!

難題です(/ω\)。

恐る恐る、止水栓を開けてみました、あ~やっぱり、タイル部分の錆びついたところから、勢いよく水が漏れ出してます。

給水管ごと交換するしかありませんね。

まず外側の給水管のパイプを入れる穴を、別の場所に開けてやります

次に、上の給水管を切断して、古い給水管を引き抜きます

外部給水管の接続を行います、地面の給水管は塩ビ管でした、古い給水管を切断して新しい物とジョイントして、交換します。

ただ塩ビ管は強度が、前のように、鉄製の給水管じゃないので、弱い、それを補強するために、市販のステーを設置して固定していく計画です。

仕上げにタイルの割れてた部分にコーキング材を塗り、少々見てくれと強度を良くします。

いよいよ、仕上げです、まず 外部給水管に凍結防止剤を装着

無事完成です。
やー 初めて見る、旧水道管 見事に修復、出来ました。
良かった! お客様もご満足いただき感謝していただきました。

本日売上
1、出張費    ¥3000-
2、資材費   ¥15000-
3、交換作業費 ¥16000-


合 計  ¥34000-(税別)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA