初心者が家事代行を始める 3つの方法

家事代行で開業しようとしても、全く経験がない方はどうしたらいいのでしょうか。

お客様との対応は? 値段交渉は? 宣伝の仕方は? やり方が良くわからない。

そんな方 現時点で、家事代行を、スムーズに開業するための方法を3つ紹介します

 

1、フランチャイズに加盟する
メリット)
・研修も有り、家事代行の技術や、お客様対応など、経営者として必要なマインドも教えてくれます。
・オープンまでのサポートも手厚く、解らない事は本部に聞けば教えてくれます。
・オープン後も1~3か月ごとマネージャーが臨店して、経営アドバイスしてくれます。

(デメリット)
・初めの加盟金が高額。
・好きな社名が使えない。  〇〇〇池袋店など
・間違えた事は言っていないですが、すでに古いノウハウを押し付けてくる。
・制服代、広告宣伝チラシ、システム利用代、洗剤など指定の物を購入しなければならないので本部を儲けさせるシステムとなっており、自店でのオリジナルは全て禁止されます。
・毎月フランチャイズ料金を売上に関わらず8万円~約20万円納めなくてはなりません。
・ノウハウを吸収して、独立出来ないように、加盟店契約解消から5年間は、同業での開業が出来ません 違反して開業すれば1千万円の迷惑金を支払う契約書を初めに交わされます。
・本部経由からの依頼も頂くのですが、マージンを取られるので、利益率は悪く、あまり儲かりません。

 

2、家事代行サービス開業セミナーに参加する
(メリット)
家事代行サービスを開業させる為のマニュアルを購入出来る。
・基本的な接客ノウハウ、基本経営マインドを教えてくれます。
・約1日の講習会形式で、費用 約1万円~2万円程度
・比較的、開業費も少なく、FC加盟金も必要有りません。
・開業後の店舗名も好きな屋号が使えます。
・経営方法は自由に決めれて、大手FCに差別化できるシステムを構築出来ます。

(デメリット)
・セミナー開催が不定期で欲しい時に無い
・講師が家事代行未経験者が多く当たり触りの無い内容と、起業理念を教えてくれます。
・基本的な内容は教えてくれますが、机上で作られた内容なので、実際には通じないことも有ります。
・セミナー参加後のサポートは有りません。
・師が不在の為、あなたに強い経営理念が必要です。

 

3、大手FCで修業の為に、しばらくワークする。

(メリット)
社員としてワークさせてもらい、その間にノウハウを吸収する
・給料をもらいながら、技術を習得させて頂ける。
・同じ目標を持った仲間が出来ます。

(デメリット)
・ノウハウを吸収するのに時間が掛かる。(半年・1年)
・意外と落ち着いてしまい、開業意識を挫折してしまう。
・開業すると、今までいた会社と敵対しなくてはならなくなります。
・作業ノウハウは吸収できますが、経営ノウハウは吸収できないので独立後 すぐ閉店するケースも有ります。

 

まとめ
行動力のある あなたなら、どの方法からでも、開業独立は出来ると私は信じています。

ですが実際、あなたは直ぐにフランチャイズに加盟せず、このサイトをご覧になっている

あなたなら、初めは苦労するかもしれませんが、FCに頼らず、ご自分の会社を起業できると思います。

もちろん、FCに加盟する事を否定してるわけでは、有りません。

FCは、それは、それで、いいとこも沢山あります。

それぞれのメリット デメリットを見極めて、家事代行サービス開業を頑張って下さい。

ここまで購読頂きまして、有難うございます。

家事代行サービスを起業する上で知っておきたい事をプレゼントに詰め込みましたので、合わせてご覧ください。

家事代行サービスで副業 サイドビジネス出来る?