家事代行サービスで起業 開業 リスクとメリット

家事代行サービスで起業 開業を、お考えの方へ

家事代行サービスで起業開業のすすめ

・今まで、子育てで忙しかったが、子供も大きくなり、合間で家事代行サービスを、やってみようとお考えの方。

・現在サラリーマン生活をされてて、自分で社会に貢献できる会社を起業してみたいと、お考えの方。

・コロナショックで自営業が傾いて、何か不況にも強い新しい、次の事業展開をお探しの経営者の方。

・介護士や保育士の資格を持っているが、今は違う職種で仕事をされてる方

チャンスの時代です ぜひ家事代行サービスで独立起業開業して成功をおさめて下さい。

 


【家事代行サービスの起業開業 初期コスト】

たとえば、開業しやすいと言われる、飲食店を開業しようとすると、まず店舗を構え、食材の仕入れ先を確保して、食材を仕入れ食材の仕入代も必要です。
従業員を採用すれば、人件費が、かさみます 常に店内にいないといけないので、自らチラシ配りといった宣伝も難しい 媒体に頼んでも広告宣伝費が掛かります。
開業オープン費用は、少なくても約600万円以上は必要と言われてます、それらの資金を取り戻すのに、一体いくら売上を上げて何年掛かるのでしょう?

規模にもよりますが、繁盛店でも約1.2年は、掛かるそうです。それまでは、利益が出ても、初期投資分で儲け無しです。
もしも経営が悪化して、店を閉店する事になったら?多額の借金を抱える事になるでしょう、かなりリスクの高い開業と言えます。

家事代行サービス開業は、店舗を構える必要もなく、当初は1人で、運営出来るので、チェーン店・フランチャイズに加入しなければ開業資金コストは、家事代行サービスで約1万円~約10万円ほどで開業可能です。

家事代行サービス業は、在庫を抱える事も無いので、万一 経営悪化で閉店する事になったとしても、在庫で多額の借金を抱えると言う事も無く、初期投資も少なくので失敗した時のダメージも少ないと言うメリットが有ります。

はじめから、辞める時の事を考える起業家はいませんが、家事代行サービスで起業すると言う事は、他のどの分野の開業分野よりも低リスクで起業することが可能になります。

 

 


起業開業成功比率の高い条件4原則とは?

 

独立開業しても、失敗しやすい条件と成功しやすい条件が有ります、日経にも掲載されていた成功の条件4原則が有ります。それは・・

起業開業して成功しやすい条件、4原則

1、商品在庫を持たない事

2、初期投資が少ない事

3、定期的に売上げが継続する事

4、利益率が高い事

まさに、家事代行サービスは、理想的な条件に当てはまっています。

開業初期投資も少なく、商品在庫も、ほとんど有りませんし、売上げは家事代行サービスはサブスクサービス(定期サービス)ですので、固定客を増やせば、間違いなく安定しますし、経費は、ほぼ自分の人件費のみ、まさに高利益な商売と言えるのではないでしょうか。

今時代は高齢化社会、夫婦共働き世代へと、追い風が吹いています、新規事業での開業を独立開業を検討されてるなら、家事代行サービス 便利サービス業で起業開業することをお勧めします。

 


店舗が無くても家事代行サービスは集客 出来るの?

これからの家事代行 便利サービスは、無店舗でも、十分に集客できます、今の時代、利用者はスマホパソコンで検索して利用する方が多くなってきました。

今や検索は、スマホが7割 パソコンが3割に、なっています圧倒的なスマホ社会と言えます。

【あなたの地域の家事代行サービス店舗は?】

一昔前なら、店舗が無いと信用されないとか、店舗を構えると、お客様が依頼に来やすいと言われてましたが、実際 当社でも2017年から、ホームページからの、ご依頼が急増しており、店舗窓口訪問者を、超える勢いです。
おそらくスマホの普及率が進み、便利な検索機能を使って、ご依頼してくる方が多くなってきてると思われます。つまりホームページを作って、検索キーワード上位のホームページを作れば簡単に集客できる時代が来てます。

時代は、SNSやネット普及率も今後もドンドン上がり、高齢者の方へのスマホ普及率も向上しています。

例えば、あなたに「困り事」が有って、その「困り事」を解決するのに、どこに依頼していいか、どうやって調べますか?
ひと昔前ならハローワーク電話帳が有りましたが、今はハローワークも、あまりお目にかからなくなりました。今は、それをスマホやパソコンで検索して調べる時代なんです。家事代行サービスは完全無店舗でも営業、出来る職種なのです。

 


家事代行サービスを個人経営で本当に開業できるの?

全国展開大手フランチャイズ 家事代行サービス会社 ベスト3

・ベアーズ
・ダスキン
・カージー(CaSy)

家事代行サービスは、もともとは富裕層が家政婦さんを雇用して行っていた、家事代行を時代の流れにより、一般向けに利用しやすいシステムにした、新しいサービスが、家事代行サービスです。

ここ4・5年の間にメディアにも取り上げられ、急激に成長しています。
利用年齢層は「共働き世代」30代~40代と「高齢化社会」のニーズも踏まえて、今後さらに広がる傾向にあります
大手フランチャイズ店舗もそのニーズを受けて、店舗数を増やしてきて、シェアを広げてきています。あなたのお住いの地域にも大手家事代行サービスのフランチャイズ店舗が有るんじゃなでしょうか。


【これ以上家事代行サービス店舗が増えても大丈夫】

 

 

 

では、なぜ?わたしが、ここまで家事代行サービスを進めるのか、と言うと家事代行サービスは、不況に強く、コロナ危機時代でも売上げは右肩上がり、高齢者からの買い物代行や共働き世代からの子供の見守りなど、たくさんの「困った」の声を「ありがとう」の声に変えることが出来ました。

困った人をリアルに助ける事が出来て、感謝してもらえる素敵な仕事だから

社会貢献でき「ありがとう」の数だけ収入は自然と増えて行きます。

でも、最近はフランチャイズの家事代行サービス店舗ばかりで、私が求めている本物の家事代行サービス店舗が少ないのです。

その本物とは・・「愛の有る家事代行スタッフがいるお店」

 

【始めは便利屋さんだった】

当初わたしは便利屋サービスを行っておりました。それは、お客様からの何気ない一言で始まりました「便利屋さんもいいけど、もっと気軽に家事仕事を頼める女性の方はいないの?」

そうなんです、硬いイメージの便利屋じゃダメなんです。

そんな時代の流れと、お客様からのニーズにより、新たに女性スタッフ2名を加え、家事代行サービス部門を開設する事にしました。

おかげさまで、それからは売上げは毎年右肩上がりで、お客様の感謝の声だけ、利益も上がっております。

そんな家事代行サービス 起業・開業するのは、そんなに難しくありません。主婦業で家事を経験された女性の方や、美装業経験の有る男性の方は、すでに経験や技術は持っています、難しく考える必要はありません。

【家事代行サービス起業開業は、なにもフランチャイズに入らなくても出来ます】

家事代行サービスで起業するのに、なにも高額なフランチャイズに加盟しなくても、起業の仕方や、お客様を集める方法、お客様を喜ばせる基礎知識をしれば、ほぼ素人のあなたでも家事代行サービスを起業する事は可能なのです。

そんな、家事代行サービスでの起業するための、基礎知識をお話しいたします。

 


 

ここまで家事代行サービス起業に興味を持っていただき、ありがとうございます。
もっと家事代行サービスの起業の仕方が知りたい、
そんな、あなたに無料プレゼントです。

下記より、お受け取り下さい。

https://saipon.jp/h/Le1W6MaD/Le1W6MaD
https://saipon.jp/h/Le1W6MaD/Le1W6MaD

 

もっと家事代行サービスの事が知りたい、あなたは、下記をクリックして下さい。

家事代行サービス 開業方法

 

便利サービスから家事代行サービスを知りたい方はこちら

これからの便利屋からの家事代行

「家事代行サービスで起業 開業 リスクとメリット」への2件のフィードバック

    1. なかま しょう  さん

      はじめまして家事代行サービス起業・開業コンサルの
      夢咲ジュンです 

      当ブログに興味を持って下さりありがとうございます。
      あなたを無料オファーいたしますので下記URLにアクセスしていただき資料を受け取って下さい。

      https://saipon.jp/h/gzvmFRcg/gzvmFRcg 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA