売れない家事代行店ほど技術を磨こうとする

始めて商売を経営する人がおちいりやすい事は、いい商品であれば必ず売れると思ってしまう事、「この商品値段以上に性能がいい」とか「使ってもらえば良さがわかるはず」などと・・考える・・でもいざ売り出してみると全然売れません。

「味にこだわり過ぎたラーメン屋さんは潰れてしまう」

「うちのラーメンはただの商品じゃないよ。素材こだわった麺とスープなんだから食べてくれれば繁盛するはず・・」と売れないラーメン店主ほどそう思っています。

よく職人気質のお店に「素材にこだわっている」という店がありますよね。
「こだわった」商品を作れば売れるといわれていました。
マーケティング・コンサルタントの言葉に乗せられて、「商品にこだわれば売れる」なんて勘違いしている店もあります。
でも残念ですけど、商売の本質は商品の「こだわり」や「技術」じゃ売れないんです。

味もおいしいのに、お客様が来ない・・
値段も高くないのに売上が伸びない・・

では、なぜ味も悪くない、値段も高くないのにお客様が来なくて潰れてしまったのでしょうか?

これを家事代行サービスに当てはめてみると、例えば家事仕事の技術にこだわって、こだわって、こだわって一生懸命に磨いたとしても、とうていハウスクリーニングやプロの料理人の技術にはかないません。

家事代行の技術には既に上の技術を持つ職種が存在するのです。

では家事代行サービスの本当の技術やこだわりは何処にあるのでしょうか?
それは、サービスを依頼してくださってお客様へどれだけ寄り添ったサービスを提供できるかでは無いかと私は思います。

少しぐらい掃除をきれいにできても、少しぐらいお料理が上手でも、お客様に寄り添ったサービスが出来ない方は家事代行サービスには向いていないのではないでしょうか。

例えば「子育てで辛い環境から少し楽がしたいと」依頼されたクライアントにどれだけ寄り添ったサービスが出来るか、時には子育ての愚痴を聞いて上げたり子育ての経験談をお話してさしあげたり、せめてその日だけは家事の苦労から解放してストレスを発散して差し上げる努力をする。

もちろんこんなマニュアルはありませんが、お客様に寄り添ったサービスを構築して提供するのが家事代行サービスの技術やこだわりでは無いでしょうか。

家事代行サービスの家事技術は一般家庭の主婦と同じレベルで大丈夫なんです。

家事代行サービスを始めるのに、むずかしい技術やノウハウなど必要ありません、必要なのは相手を思いやる心と行動力だと思います。

もちろん、それだけでは家事代行として一人前にはなれませんが、始めのこころざしが出来ていなければ、家事代行を始めることは出来ません。

起業前に技術を磨く時間があるなら、もっと経営者になる為の勉強をしたり、あなたについて下さったお客様の為にもっとできる事は無いか考えてみたり、お客様にリピートしていただける為にどうしたらいいのか。

もっとたくさんの方に喜んでもらえるように広告宣伝する方法はないのか、など他に知恵を絞って行動する事は沢山あると思いませんか。

つまり家事代行サービスは仕事の技術を磨くのではなく、家事代行のこだわりはお客様に寄り添ったサービスをするという心なんです。決して目先の技術では無いと感じます。

あなたにしかできない真心こめたサービスを、お客様にお届けする努力をしましょう。

それが、あなたに出来た時に、お客様から「ありがとう」のうれしい評価をいただけるようになります。

これで初めのラーメン屋さんが失敗した原因わかりましたか?

そうです 答えは、お客様の方を向いていなかったからですね。

家事代行サービスとハウスクリーニングの違い

家事代行サービスは、ライフスタイルなどに合わせ一般的な主婦が行なう家事仕事の範囲内で幅広く作業をこなします。お部屋の掃除機掛けから洗濯・お料理まで家事仕事の全般を行います。

基本的に自宅の清掃用具や洗剤などを利用して、依頼者が日常的に行っている掃除や洗濯、買い物などの一般家庭の家事を代行してもらうサービスとなります。そのため、依頼する範囲は自分が普段からやっている家事の範囲にとどまります。

家事代行サービスとハウスクリーニングの一番の違いは作業の依頼の仕方とその範囲です。

家事代行サービスは依頼した時間内であればリビングやキッチン、廊下など複数ヵ所、自分がやってもらいたい場所のお掃除をお願いすることができます。一方、ハウスクリーニングの清掃箇所はピンポイントの作業になります。

キッチンであればキッチンを、お風呂であればお風呂と掃除して欲しいところを指定して、所要時間いっぱい使って一か所を掃除してもらいます。お風呂と洗面台は一緒に掃除してくれたりもしますが、エアコンとトイレを一度で掃除してくれるといったことはあまりありません。

ハウスクリーニングの場合は、いわゆる「掃除」というレベルよりは「原状回復」つまりは設備を限りなく新品に近い品質にまで回復させる作業と言えます。
家事代行サービスとは違い清掃分野に特科しており専門の器具・専門の洗剤を使用して清掃業務のプロに特科しています。

よって、使用する洗剤は使用する上で専門知識を要する特殊な洗剤を持参んして作業に臨みます。使用する道具も一般の店舗では販売していないような道具・工具も使用します。

通常の市販洗剤では汚れには、どんなにまめに掃除をしていても落としきれない汚れが徐々に蓄積してしまいます。またどうしても行き届かない、例えば分解しなければ落とせない場所もあります。一般のご家庭には無い、代用のできない道具でなければ落とせない汚れが出てきたしまいます。

こういった汚れを特殊な洗剤や専用の道具・工具で落とすことができるのがハウスクリーニングです。清掃作業はレンジフード・エアコン・浴室など清掃箇所をピンポイントで指定して各パーツを分解しながら専用洗剤でクリーニングを行います。

したがって費用面でも、家事代行サービスで行う掃除よりも料金は高いものになっています。

【家事代行サービスとハウスクリーニングの価格の違い】

●家事代行サービス 平均単価 3,000円/H

●ハウスクリーニング 平均単価 4,000円/H または清掃箇所料金

どちらを選ぶかは利用する目的によって使い分けていただきます。
定期的に掃除してもらう事で、お部屋を清潔に保ちたいのであれば家事代行サービス、どうしても落ちない汚れを落としてもらうならハウスクリーニングサービス、のように目的に応じて使い分けるのが一般的ですが

ただ、この違いを知らないまま清掃を依頼されるお客様も少なからずおられます。事前にお客様へは自店のサービス内容を説明をしたうえでサービス提供を行った方がお客様とのトラブルや自店評価を下げなくて済みます。

家事代行はリピーターで定期的に売上が立ちやすい

売り上げアップのためには、新規顧客の獲得だけではなく、リピーターを増やすための施策が欠かせません。事業やサービスを運営する人のなかには、リピーターが増えないと悩む人も多いのではないでしょうか

[家事代行の主なサービスは2つあります]
1つ目が掃除代行です。お部屋掃除や水回りの清掃といったことを中心に、整理整頓や洗濯なども含むサービス内容が多いですね。

2つ目が料理代行です。食材の買い出し、調理、後片付けまで含めて提供されるのが一般的です。

ではリピーターとなっているユーザーは、どのように家事代行サービスを利用することが多いのでしょうか。

スポットの掃除代行の場合は妊婦さんであったり体調不良のユーザーが多く、リピーターのユーザーは高齢者の方だったり独身ビジネスマンや共働き世代が多く1、2週間に一度、依頼して部屋全体の掃除や水回りの汚れを落としてもらうといった依頼の仕方をされています。

これは、掃除に時間を取られたくないとか、時間が作れないなどストレスを感じないようにするために第3者に代行してもらう行為が行なわれます。高齢者は高所の清掃や人とのコミニケーションや介護の項目以外の清掃を依頼されるケースが多いです。

料理代行の場合は、負担になりがちなお弁当づくりの準備や手助けをしてもらう方や、その日の分だけではなく数日分の料理をつくり置きしてもらうといった方が多いようです。

パレートの法則では、顧客の2割が売り上げの8割を生み出していると言われています。つまり、何度も購入してくれる優良客は、企業の売り上げを支えてくれる存在だということです。

いずれも、はじめはスポット依頼から定期に依頼が入るようになります。これらの家事代行サービスは、1度頼んでサービスを経験すると、その開放感からまたサービスを利用したくなり、家事代行のシステムで定期契約で今後のサービス提供を促す事で自然にリピーター固定客が作りやすくなります。

実際の家事代行サービス店でも新規のお客様から定期契約して固定客になっていただける確率は約80%と他の業種と比べても高く、安定した売上が確保しやすい業種と言えます。

但し、家事代行サービスを利用していただける世代が増えている中、同業他社も増えているので、更なるサービス向上やお客様への「自社にしか提供できないサービス」はリピーターを増やす上で重要なポイントになります。

それに、サービスを求めるがゆえに価格を下げすぎてしまうのは危険です。

なぜなら、他社との価格競争が激しくなればそれだけ利益を産むことは難しくなる上に、物量やマンパワーを兼ね備えた企業でないと勝ち残ることが難しくなるからです。

できる限り無駄なコストを抑えた上でマーケティングを進めるのは当然ですが、それを商品やサービスにまで拡大しないように注意が必要です。

リピーターを増やす対策として、一定の効果を出すために費用がかかるものもありますが、費用と効果を比較しながら検討を進めましょう。

家事代行サービスは、定期契約せずに単発でその都度依頼する「スポット」契約と、週一で月4回など定期的にサービスを利用する「定期」契約のどちらかを選んで依頼するのが一般的です。だいたいの事業者では、単発で依頼するよりも定期で依頼する方が、時間ごとの単価で考えるとおトクになる傾向があります。

よって、「毎週おかずを作り置きしてほしい」、「毎週末、散らかった部屋を片付けて欲しい」という場合は、定期契約がおすすめです。

固定客は、定期的にサービス利用してくれたり購入単価が高かったりと、売り上げに大きく貢献してくれます。そういった固定客を増やすことが、売り上げアップにつながります

家事代行サービスで成功したいなら雇われるな!

先日、生徒さんから「家事代行サービスをはじめる為に大手の家事代行サービスに雇われて働きながら覚えようと考えてるのですがどうですか?」と質問をいただきました。

でも、その答えは基本はNOです。おすすめはしていません。

確かに昔ながらの飲食店とか職人業界などは、弟子入りやバイトの下済みから初めて数年働かせてもらい、徐々に仕事内容や技術を習得して一人前になる方が多いのではないでしょうか。

しかし家事代行サービスで、お客様へ提供する家事サービス技術レベルは、ご家庭で行っている家事仕事と何ら変わり有りません。主婦の方であれば、家事の経験は既に持ってらっしゃるのではないですか?

つまりお客様とのやり取りの仕方さえ知っていれば家事代行を始める事は可能ではす。おそらく既存の家事代行サービス店舗で働かせてもらったとしても、プロの家事代行でも家庭の主婦の家事でも、段取りは違うかもしれませんが大きくその技術は変わりません。

実際に家事代行サービスの家事仕事と主婦の家事仕事では特別な違いは、そんなには有りません。確かに掃除の段取りやお客様へのマナーなど習得できる部分は多く有りますが、時給分働かないといけない労働者的な考えになり経営者としてのマインド面は直ぐには身に付きにくいと言えます。

それでも2・3年いれば、ノウハウも解ってきて独立できるくらいにはレベルは達すると思われますが・・

以前 家事が好きで家事代行サービス店で雇われ店長を任されていた「Yさん」 しばらくすると社長との仲が上手く行かず、会社を辞めて独立をしたいと思うようになり、前の家事代行会社のお客様を引き連れて「Yさん」の家事代行店舗を立ち上げたのです。優秀な「Yさん」は、お客様からも受けが良く指名も多く人気が有りましたので独立しても直ぐに繁盛店となりました。

しかし、今まで雇っていた従業員に既存店舗の、お客様をほとんど持っていかれた社長は、たまってもんではありません。今まで積み上げてきた既存店の信頼や信用そして売上を盗まれたと感じ、それが原因となり裁判沙汰になったケースもありました。

家事代行サービスという職種は、知らず知らずに、お客様の家庭の内部に入り人が定着していきます。お客様は、始めは提供されるサービスに魅力を感じてサービスを依頼しますが、時を重ねてサービスを提供する人間を信頼するようになるとサービス自体ではなく、あなた個人に魅力を感じてサービスを依頼してくれるようになります。

家事代行サービスの商圏エリアは小規模です。あなたが独立目的で雇われてノウハウを盗みたいという気持ちは解りますが、いずれ悪口を言われる相手を、わざわざ作らなくてもいいと考えます。

それよりは、失敗しながらでもお客様とのコミニケーションを大切にして、はじめから自分の固定客作りから始めた方が近道ではありませんか?

もし、どうしても既存店で働きたいのであれば、自分の家事代行サービス店の予定商圏エリアの外で修業するのはいいかもしれません。ただし長居は無用です1・2か月のアルバイト期間にしないと、その会社のやり方に洗脳されてしまい自分の自由な発想が出来なくなるかもしれませんので、お気を付けください。

 

家事代行店を起業して繁盛店にする方法

家事代行サービスは、起業するのに特に必要な資格や免許は有りません。
個人で家事代行サービスで起業するなら在庫費用も仕入れ費用も0円 当初は無店舗でも営業が可能。必要な経費は広告宣伝費だけで開業できるので、初期投資は10万円~60万円位の初期投資で起業出来るので、起業しやすいビジネスです。

でも、家事代行サービスは起業すれば誰でも成功できるビジネスでは有りません
フランチャイズ大手の家事代行サービスチェーン店も多数出店していますし、簡単には繁盛店にする事は出来ません。

わたしは、これまで多くの家事代行サービスをコンサルタントをしてきて、開業して繁盛店にする成功の方程式を見つけました。その方法をお教えいたします。

1,自己流 起業では始めない事

誰にも相談せず起業してみても必ず壁や解らない事にぶつかります。そんな時どうしても自己流になってしまいがち、自己流では、たとえ間違った方法を行っていても止められない為に経営困難になり1年以内に倒産するケースが少なく有りません。

そうならない為には家事代行起業で相談できるメンターン(先生的)な存在が不可欠になります。

2,フランチャイズ加盟して起業しない事

起業・新事業を立ち上げる1つの選択肢としてフランチャイズへの加盟があります。フランチャイズに加盟する最大のメリットはビジネスの仕組みが全て整っているので、事業の立ち上げが比較的簡単です。

さらにフランチャイズ自体が有名であれば看板を使うことで集客も容易になります。しかし、メリットだけでなくデメリットも存在します。

加盟金が高額な場合もありますし、毎月のロイヤリティが発生するのが普通です。それに加えてノルマ、エリアの制限、お客様紹介料、契約更新料など表面には出てこない問題が山積みです。

そして最大のデメリットは、オリジナル企画や自分で値決めが出来ないことです

一般的なフランチャイズは、どの店舗も売価が統一されています。「仕入れ値」と「売価」が固定なので確保できる”利益率”が決まってしまっているのです。ですから、いくら有名フランチャイズで集客力が高くとも、結局利益率が低ければ、あなたにお金は残りません。(さらに、そこからロイヤリティで毎月お金を取られます。)

なので、個人的に家事代行サービス店をフランチャイズ加盟で新規事業・個人起業を立ち上げるのはオススメではありません。

3,修業してカリスマ店員になる

繁盛店の家事代行店には、カリスマと呼ばれる店員さんが必ず存在します、そして彼女達は自分の固定客を持っています。その自分のファンを増やして店の売上に貢献しています。

私も元洋服販売員ですので、まれにカリスマと呼ばれるプロ販売員と出会います。ですが、彼らは とうてい直ぐに真似のできる努力では有りません「身だしなみ・言葉使い・しぐさ・仕事の切れ・人間力」どれも一流の対応をマスターしています。

確かに、その店員さんに接客されたら、リピーターになってしまうのも解ります。

しかし、そのレベルの店員に達するまで、いったい何年かかるのでしょうか?・・・

推測すると少なくとも5年以上の経験と高い人間的レベルが必要ですが、身に付けることが出来れば、お客様をファンにして繁盛店を築き上げることが出来ると思います。

でも、もっと簡単に繁盛店にする方法もあります。

4,じぶんブランドの家事代行店にする

あなたの今までの経験や知識・好きな事 得意な事を家事代行サービスの目玉にして「じぶんブランド」でサービス店を築き上げ、それをアピールする事で他店舗との差別化を行う。

今や店舗のアピールも個性の時代です。例えば、あなたの今までの人生から出産・子育て・介護・保育士・看護士・美容師など経験した事があるなど、あなたの経験をもっとアピールしませんか?

資格や経験だけでは有りません英語が得意・料理が得意・お片付けが得意など、あなたの好きな事 得意な特徴をアピールする事で、他の店舗との差別化も出来て、お客様にも響きやすくなります。

実際の家事代行店舗でも外国人スタッフがお子さんに英語を教えながら家事代行を行う店舗も存在しますし、美容師が家事代行の訪問先でお客様の髪をカットする家事代行サービス店舗もあります。

たとえば「わたしは料理が得意です」とか「高齢の方のお世話はお任せ下さい」など、あなたの得意な事を前面に出した切り口でアピールすることで、お客様に伝わるのです。
実際 出産経験・子育て経験がある方の「産前・産後・子育てヘルパー」を掲げた家事代行店舗は、妊婦さんからの依頼が非常に多く、サービス提供時に自分の出産体験談や子育ての失敗談成功話などして差し上げるとお客様に大変喜ばれるます。

自社ならではの特徴が明らかになったら、それを踏まえてターゲットを絞り込む事が大切になります。特に開業当初は多くのお客様を集客するために、「どのような依頼も歓迎です」「掃除も洗濯も何でも得意です」というようなアピールをしがちです。

しかし、このようなアプローチをすると、何も特徴が感じられないため、より信頼感のある大手業者や社歴の長い会社に依頼がいってしまうことになります。

そのため、どのようなターゲットにアプローチするのかを明確にすることが重要になります。
さらに、あなたが介護師や看護士資格など資格免許を取得していれば、大いに生かせます。普通の家事代行では出来ないなどの付加価値の付けれるサービスは、高単価の値段設定で、利益も思いのままにする事が可能になります。

今までの自分の経験を見直して、家事代行店舗を「じぶんブランド化」にする事により、見込客へのアプローチも強くなり他社競合と差別化もできるようになります。そしてあなたは、自分の好きな事や得意な事でビジネスが出来る事で、毎日が充実した日々を送れるようになります。

さて個性的な家事代行店舗が出来れば、あとは集客です
さらに、お客様を集めるテクニックが大事

家事代行サービスは見込客へのアプローチの仕方受注件数・売上は大幅に変わります。家事代行のお客様は地域によってさまざま、高齢の多い地域・子育て家族の多い地域など、あなたの地域に合わせた販促チラシの内容が必要と考えます。

それに時代は今やスマホ時代、大手フランチャイズのように統一したホームページと折り込みチラシの集客だけでは、もはや時代遅れの集客方法です。

今や家事代行のマッチングサイトやSNSを使った集客法などさまざまな集客方法が有ります。フランチャイズでは教えてくれない、そんなノウハウも存在します。

そしてホームページとチラシにも「じぶんブランド」のアピールを連動させることにより、サービス内容がより見込客の心を揺さぶり、お客様を集める事が出来るのです。

プロの家事代行コンサルタントが開発した、成功の方程式とは?
家事代行サービス店繁盛店の成功の方程式とは、まず あなたの個性をいかした「じぶんブランド」店舗を作る。そして、それを連動させたホームページと折り込みチラシを用意する。さらに見込客・リピータを集める知識があれば、短期間で2カ月先まで予約が絶えない家事代行サービス店にすることが出来ます。

あなたも、このノウハウを習得すれば時間をかけて努力してカリスマ店員にならなくても簡単に繁盛店が作れます。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。
あなたに、家事代行サービスを起業する為に必要な基礎知識をプレゼントしています。どうぞお役立てください。

家事代行 便利サービスで起業 開業する前に まず初めにやるべき事

最近メールで家事代行 便利サービスを初めたいのですが、何から手を付けて良いのか解りません?と言う、ご質問をよく頂きます。

家事代行サービスをフリーランスで始めてみたい・・・

口で言うのは簡単ですが、では、実際に行動を起こすとなると・・・

・何をすれば良いんだ?
・どこから手を付ければ良いんだ?
・やることがありすぎて、わからない。

そんな、もやもやした気持ちになり、起業してみようと決意してみても結局行動できない方が多いのではないでしょうか?

私も、経験したことがあるのでその気持、よくわかります。

家事代行サービスを単独で始めるって、一言で言っても、

・技術のスキルを身につける
・経営のノウハウを身につける
・経理・税務を知る
・必要な器具・工具を揃える
・什器・事務用品を揃える
・各種届出を出す
・お金を準備する・・・etc

やることがいっぱいありすぎて、いったい何から始めたらいいのか。

で、結局頭の中で混乱するだけで、なかなか進捗が見えない・・・
そんなジレンマに陥ってしまいます。

そんな時に、ぜひ行ってほしい場所があるんです。そしてそこで、もらってきてほしいものが有るのです。

もちろん、手に入れるのは無料!
無料なら、手に入れない手はありませんよね。なので、ぜひ行ってみてください。そして、手にとってください。では、どこに行けば良いのか?それは、あなたの近くにある

「日本政策金融公庫」

国の機関で、お金を貸してくれるところですね。そこの、国民生活事業の部署に行き、まずはじめに、開業を目指している方々に触れ、その眼差し、真剣度を見てください。そしたら次に、「創業の手引」とか、「夢を叶える起業」と言ったパンフレットを手に入れます。

で、パンフレットの中身は・・・日本政策金融公庫で資金調達するための「創業計画書」の書き方を丁寧に説明してあります。

もしかすると

『私お金借りませんけど・・・』と思った方がいるかもしれませんね。
実際に、お金を借りなくても良いんです。大切なことは、創業計画書を書くこと。

そうです、会社を起業させる時に製作する創業計画書です。

創業計画書を書くことで

・明確な方向性が定まり
・やるべきことがリストアップされ
・優先順位が見えてくる

つまり、創業計画書をあなたが
書き上げることで、創業計画書があなたの方位磁石となり家事代行サービスを始めるにあたって、あなたがやるべきことが明確になるわけです。

ぜひ「創業計画書」を書いてみてください。

なので、
あなたが家事代行サービスで開業を目指すのであれば、

・国民生活金融公庫に行き開業を目指している方に触れ、

・創業計画書の書き方のパンフレットを手に入れ

・創業計画書を書く

という事をしてみてください。

 

自ずとあなたがすべきことが見えてくるでしょう。

そして、創業計画書が書けたら、ぜひ日本政策金融公庫の受付に提出して頂き、起業軍資金を借りましょう、起業前にお金はいくらあってもいいです。それに創業計画書が無理のない計画書になっているか気になりませんか?

そうやって、楽しみながら家事代行サービスで起業してみませんか?

自宅で取得可能 家事代行サービス起業開業前に有ると有利な資格14選

【通信教育ユーキャン自宅で取得可能な資格】

家事代行サービスを開業するのには、必要な資格免許は有りませんが、有ると基本メニュー以外にも出来る仕事が増えたり、名刺やチラシ ホームページに明記する事で、お客様へのアピールが出来るものが有ります。

家事代行サービス開業前に有ると便利な資格14戦

➊保育士資格
子どもたちの成長を見守る保育士は、楽しくてやりがいのあふれる仕事。「保育のプロ」として、生涯役立つ国家資格です。家事代行サービスでベビーシッターのメニューを増やす事が出来て、子供さんを抱えた共働き世代や、シングルマザーなどの援助をして差し上げる事が可能になります。

ユーキャン「保育士資格講座」へはこちらから


➋離乳食・幼児食コーディネーター
乳幼児の食と身体発達についての正しい知識を持ち、発達段階に合った食事を効率良く作ることができるスペシャリスト、乳幼児の居られるご家庭で、重宝してくれます。また、お客様宅での奥様との会話のネタに困らない、新世代有利な資格でしょう。上記の保育士と一緒に取得できれば最高です。

ユーキャン「離乳食・幼児食コーディネーター」資格講座へはこちらから


➌野菜スペシャリスト
健康的な生活に欠かせない野菜や果物。その効果効能や選び方、正しい調理方法などの知識を身につけ、暮らしに活かすことで健康と美をつくるスペシャリストです。最近の健康ブームとして食に関する知識を生かして料理代行サービスに役立てる事が可能です。

ユーキャン「野菜スペシャリスト」資格講座へはこちらから


➍発酵食品ソムリエ
納豆、醤油、味噌、ヨーグルト、甘酒…。発酵食品は”おいしい”だけでなく、健康と美容に優れた効果のある食品として注目を集めています。そのカギを握るのが、私たちのお腹の中に生息する100兆個以上の腸内細菌たち。最近の研究では、がん、糖尿病、高血圧などの生活習慣病にも腸内細菌が関係していることが明らかになっています。高齢者など健康を気にされる方への食のアドバイスも可能で、あれば役に立つ資格です。

ユーキャン「発酵食品ソムリエ」資格講座へはこちらから


➎生活習慣予防プランナー
「生活習慣病予防プランナー」は、生活習慣病予防に関する幅広い知識と、実践的スキルを持つスペシャリスト。「健康診断の結果が不安…」といった、お客様へのアプローチとアドバイスが可能になります。

ユーキャン「生活習慣予防プランター」資格講座へはこちらから


❻食生活アドバイザー
食生活アドバイザーは、プライベートから仕事まで、広く活用できる食の知識を身につけたスペシャリスト。食を大切にする風潮が高まる中、注目の集まる資格です。

ユーキャン「食生活アドバイザー」資格講座へはこちらから


❼介護食コーディネーター
介護食とは、咀嚼(そしゃく)に不安がある高齢者向けに固さや栄養を調整した食事のことです。近年、介護食は以前に比べて見た目も味も普段の食事のようにおいしく食べやすいものに変化してきています。高齢者人口が増加するにつれ介護食へのニーズが高まる昨今、介護食に対する正しい知識や調理のスキルを身につけておくことはとても重要です。

ユーキャン「介護食コーディネーター」資格講座へはこちらから


❽介護予防健康アドバイザー
超高齢社会の中、「介護予防」や「健康維持」のニーズが高まっています。介護予防健康アドバイザーは、中高齢者が安全に運動できるようにアドバイスし、健康的な暮らしをサポートします。

ユーキャン「介護予防健康アドバイザー」資格講座へはこちらから


❾高齢者傾聴スペシャリスト
傾聴とは、耳と目と心を使って話をしっかり聴き、相手の心に寄り添うこと。高齢者傾聴スペシャリストは、この傾聴を高齢者に行うための専門的な知識を持った人です。コミュニケーションを通して心のケアを行い、高齢者の生活や人生の質を高めます。高齢化が加速する今、福祉・介護・医療の現場のみならず、様々な場面で活躍が期待される、時代のニーズに応えるスキルです。

ユーキャン「高齢者傾聴スペシャリスト」資格講座へはこちらから


➓准サービス介護士
高齢の人や身体の不自由な人に対して、正しくサポートできる准サービス介助士。駅や街中など身近な場面で、学んだ知識を活かせるニーズの高い注目資格です。

ユーキャン「准サービス介護士」資格講座へはこちらから


⓫認知症介護士
高齢者の4人に1人が認知症、もしくはその予備軍という時代。こうした社会背景のなか、2014年に誕生したのが認知症介助士です。認知症の方と接する際の心構えやコミュニケーションの取り方など、認知症の方への正しい応対方法を身につけることができる資格です。

ユーキャン「認知症介護士」資格講座へはこちらから


⓬お掃除スペシャリスト
プロのお掃除の回数や計画の立て方・動き方を知ることで、いつものお掃除がランクアップ!家事代行サービス大手の「ミニメイド・サービス株式会社」が30年かけて培ったお掃除メソッドを凝縮した、ユーキャンのお掃除スペシャリスト講座。プロが使っているメソッドを理解してからお掃除を実践するカリキュラムだからこそ、さまざまな場所に応用の利くお掃除スキルが身につきます。

ユーキャン「お掃除スペシャリスト」資格講座へはこちらから


⓭整理収納アドバイザー
整理収納アドバイザーとは、片付かない原因を根本から解決し「散らかりにくく、片付けやすい」を叶える、整理収納のプロフェッショナル。プライベートにも仕事にも活かせるスキルが4ヵ月で身につきます。主婦の方をはじめ、受講者数は年々増加中。いま大注目の資格です!

ユーキャン「整理収納アドバイザー」資格講座へはこちらから


⓮愛犬飼育スペシャリスト
大切な愛犬との暮らしをより快適で楽しいものにするため、愛犬飼育で欠かせない食事や日常のケアはもちろん、実践的なしつけの方法や問題行動の解決法など、適切な飼い方について学ぶことができます。愛犬家のお客様へのアドバイスにも役立ちます

ユーキャン「愛犬飼育スペシャリスト」資格講座へはこちらから

ま と め
家事代行サービスで起業開業を目指してる方、 開業中だがワークメニューを増やしたい方など、ゆっくり自宅で資格免許を取得して資格をアピールする事で、集客にも繋がりますし、新たに知識が増える事で、より お客様への手助けができて社会貢献も可能です。あなたも、ぜひ資格免許取得を検討してみたください。

家事代行サービス開業届を出すメリットとデメリットは?

家事代行サービスの個人事業主という言葉についてどのくらい理解していますか?

最近では家事代行サービスで副業を始める人が増えていますが、実は会社員であっても自営の副業を行うとその時点で、個人事業主になるため開業届を出す義務が発生します。

しかし、副業で開業届を出すことが義務だと知っている人は少なく、提出している人はさらに少ないでしょう。そもそも個人事業主とはどういった人を指すのか、そして開業届を出すことのメリットやデメリットについて解説していきます。

 

■個人事業主とは?

個人事業主とは、個人で事業を経営(継続的に同じ仕事を)している人です。もう少し厳密な意味でいうと、個人事業主は税務署に開業届を提出した上で、会社に属さず個人で事業を行う人を指します。

個人事業主と似た用語に「フリーランス」がありますが、フリーランスと個人事業主は若干異なる意味合いを持っています。一般的にフリーランスとは、会社に属さずに単発の仕事を請け負って働く人を意味する場合が多いようです。

税務署に届出を出していなくても、単発の仕事を個人で請け負っていればフリーランスと言えます。

■メリット

①サラリーマンよりも自由に働きやすい
サラリーマンの場合、働く場所も仕事の内容も働く時間帯も全て決まっていることがほとんどです。一方で個人事業主の場合、働き方次第ですが基本的には働く時間帯も場所も仕事内容も、全て自分で決定できます。

 

②節税の効果を期待できる
個人事業主になると、経費を計上することによる節税効果を期待できます。

 

③自分の頑張り次第で会社員よりも稼げる会社員は給料が固定されているので、頑張っても頑張らなくてももらえる額がさほど変わりません(長期的には変わるかもしれませんが)。一方で個人事業主は、頑張って結果を出した分だけ収入が増えます。

■デメリット

①税務署への開業手続きが面倒

個人事業主としてビジネスを行うには、税務署への開業手続きを行う必要があります。必要な書類を揃えた上で税務署に届け出るのは、普段忙しいサラリーマンの方にとっては大きなデメリットでしょう。

②日々の会計処理や確定申告の手間が生じる

税制面でのメリットを得られる青色申告を行う個人事業主は、複式簿記という形式で日々の取引を記録する必要があります。

③信用力が低い傾向がある

個人事業主は収入が不安定と見られるので、会社員と比べるとクレジットカードの作成やローンなどの審査に通りにくくなります。またビジネスの場面でも、法人と比べると個人事業主は信用しにくいと考える人は少なくありません。

■まとめ

開業届をだすメリット・デメリットありますが、たとえ副業としても日本国内では年間所得が20万円を超えると、税金を納める義務が発生してきます。

会社員と言え、確定申告をしないと、いずれ多額の税金を請求される羽目になります。そうなる目に個人事業主に申請する事で、必要経費が控除され、余分な税金を納める事無く利益を確保する事が可能になります。

しかし家事代行サービスで、今後 生活して行けるか不安が有る為、当初は副業として、試しに家事代行サービスを行ってみると言う行動には、同意出来る面もあります。

その時は、少なくても1年以内で結果を出して、決断してください。
届を出さず、そのまま副業を行っていると、いつか必ず痛い目を見る事でしょう。
そうなる前に、家事代行サービスが、あなたに合っているか、どうか自らジャッジしてください。

開業届とメリット

家事代行サービスで起業開業する方 創業補助金て知ってますか?

家事代行サービスで起業開業したい方必見!
創業補助金が再開?

いざ独立開業しようと思い立っても、資金が足りない・・・・理想と現実の状況でなかなか独立開業出来ない方が多いのではないのですか?

そんな悩みの打開策として期待できる創業補助金(創業促進補助金)の制度について解説してみます。

【助成金、補助金の違い】

助成金、補助金とはいずれも国や地方自治体から提供される返済が不要なお金のことです。

そのうちの助成金とは、申請要件を満たしかつ、申請内容に不備がなければ支払われるお金です。

一方で、補助金とは全体での予算の枠組みが決まっているのが特徴で、その上限に達し次第、通常は受付が締切りとなります

【創業補助金とは?】

アベノミクス注目の制度
創業補助金とは、日本経済の活性化を目的とし、地域の活性化や海外需要の獲得を目指す創業に対して、その事業に関する経費の一部を補助するというお金のことです。

つまり、新しく事業を立ち上げようと考えている人に対して、その初期段階で掛かる経費の一部をサポートしてくれるわけですから、これから起業を考えている方にとってはぜひ抑えておきたい制度といえるでしょう

補助金申請の出来る対象者

①新たに創業する者であること
②みなし大企業でないこと
③個人の場合、日本国内に居住し、日本国内で事業を興す者であること
④事業実施完了日までに、新たに1名以上雇い入れること
⑤産業競争力強化法に基づく認定市区町村における創業であること

【どんな用途に補助してもらえるのか?】

・店舗賃借料
・設備費
・人件費
・マーケティング調査費
・広報費
・旅費
・謝金等

原則、経費の補助金は2分の1に設定されており、かつ200万円という上限に基づき補助されます。(ただし、外部資金調達がない場合は、上限が100万円)

例えば、150万円かかった広報費に適用する場合、2分の1にあたる75万円が補助内容となります。一方、450万円かかった設備費に適用する場合、2分の1にあたる金額は225万円ですが、上限は200万円のため、結果200万円が補助内容になるということです。

【いつ受け取れるのか?】

補助金の交付時期につきましては、補助事業の完了後、完了報告書の提出を経ての交付となりますので、事前の受け取りと混同することないようにご留意ください。

 

【募集期間】

喜ばしておいて突き落とすようですが アベノミクスで打ち出した企画ですが、平成で一部の起業家が利用して、残念ながら現在募集は終了しているようです。

しかし令和に入ってから一部地域の自治体によって募集を再開している地域が有るとと言う情報が入ってきました、1度あなたの地域も調べて見る価値は有ると思います。

あなたの地域の自治体が再開してる事をお祈りしています。

 

家事代行サービス起業 開業前の銀行口座・クレカ開設のオススメ

個人事業主として起業開業する前に準備しておけば、焦らずにすむ事があります。
それは、企業用の銀行口座の開設です。

これから1企業として、お客様や取引先との現金のやり取りや、税金を納める上でも、今の一般銀行口座とは、別にしていた方が、都合がいいです。

会社を設立して法人として事業を営む場合は法人名義の口座を開設します。しかし、個人事業主の場合は会社が存在しないので、法人名とも個人口座とも違う、事業名である「屋号」が付いた口座を開設することになります。また、「屋号付きの個人口座」なので、屋号のみではなく個人名も必ず入ります(ゆうちょ銀行は例外)。

では、屋号が付いた個人事業主の口座と、個人名だけの個人口座はどのような違いがあるのでしょう。

【開設手続きの違い】

口座を開設する銀行によって多少異なる点はありますが、大まかな流れとして個人名だけの個人口座と、個人事業主の屋号付き口座の開設手続きの違いは次のとおりです。

個人口座

  • インターネットからの申し込みや郵送など、多岐に渡る方法で開設が可能
  • どの支店口座も開設できる
  • 初回来店時に口座を開設することできる(キャッシュカードは後日郵送)

個人事業主の屋号付き口座

  • 自宅や事務所から最も近い支店の口座のみの開設となる
  • 口座を開設するまでに1週間程度かかる
  • 開業届を提出する必要がある

    【事業用の出入金を線引きして記帳を円滑に】

個人事業主になると、毎年の確定申告で1年間の所得に対する税金を申告することになります。個人事業に関係する資産や負債などをすべて帳簿に記録することが必要です。その際、売上代金などが入金される預金口座の1年分の取引も記帳しなければなりません。

このとき、個人事業主としての事業用口座と私用の口座を分けないと、生活費の出入りは「事業主貸」「事業主借」といった勘定科目を用いて記帳していくことになります。

事業とは関係ない費用の引落しなども記帳の対象になるので非常に複雑です。

やはり個人事業主として屋号付き口座で管理したほうが、毎月の記帳も円滑に運ぶといえるでしょう。

【屋号付き口座を持つメリット】

個人事業主の屋号付き口座の最大の特徴は、屋号に事業内容を含ませることで、どのような事業を営んでいるか明確に伝えることができるという点です。

しかし他にも様々なメリットがありますので、どのようなところが魅力なのかを確認してみましょう。

仮に税務調査の対象となった場合、それまでの収支がわかる書類を提示することになります。このとき銀行口座の中身も確認されます。

事業用と生活費などが一緒になった個人口座では、経費の中に私用で使った費用も含まれているのではないかと疑われてしまう可能性があります。

しかし、個人事業主の屋号付き口座なら、事業用資金だけを確認してもらいやすくなりますし、毎月の記帳も正確にできていると判断されやすいというメリットがあるのです。

また、事業用の口座の取引履歴を示す通帳は保管義務があるので、事業専用のものを準備しておいたほうがよいとも考えられます。

クライアントから信頼されやすい

インターネットなどを使ったネットショップなどを経営している場合、商品の購入者が代金を口座に振り込みする機会が多くなります。

個人名だけが記載された個人口座であれば、顧客に不安を抱かせてしまう可能性があるかもしれません。個人事業主の屋号が付いた口座を使っていれば、お店の名前などが記載されているという安心感を顧客に抱いてもらうことができます。

 

【口座作るならネット銀行がお勧め】

ネット銀行なら24時間で操作確認も出来て、スマホからの確認作業も容易で作業時間の短縮が可能になります。

1、楽天銀行
オススメ度★★★★★
https://www.rakuten-bank.co.jp/smallbusiness/account/
【メリット】
・カード決済なら使えば使うだけ楽天ポイントがたまります。
・スマホからでも入出金が可能
・24時間操作可能

 

2、ジャパンネット銀行
オススメ度★★★★☆
https://login.japannetbank.co.jp/wctx/AF.do?SikibetuId=2018000008
【メリット】
・デビットカードが製作出来ます。
・スマホで入出金を確認できます。
・24時間操作可能

 

3、ゆうちょ銀行
オススメ度★★★☆☆
https://www.jp-bank.japanpost.jp/hojin/hj_index.html
【メリット】
・屋号名のみの口座を製作する事が可能です。
・日本全国どこの郵便局でも取り扱いが可能
・個人事業主講座では通帳は製作できません。

 

4、GMOあおぞら銀行
オススメ度★★☆☆☆
https://gmo-aozora.com/promotion/2018/business_account/?aid=google&cid=houjin&utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_content=houjin&utm_campaign=reach&gclid=Cj0KCQjwy97qBRDoARIsAITONTJKXu3TbnkJOm-bX8zskRljspowdJoCpK5NqF8XCvU0Ybc51SyNr30aAmkOEALw_wcB
【メリット】
・初期費用の経費がお得
・24時間操作可能

*銀行によっては、開業届の写しが必要なところも有りますので、起業前に税務署に開業届だけ先に出して置くことがお勧めです。

【クレジットカード製作のススメ】

あなたが、今お勤めで、一定の社会的信頼を得ているのであれば起業前にクレジットカードを作るのがお勧め!
開業すると、社会的信頼と言う点でローンが組みにくくなっったり、クレジットカードを作りたくても作れない状況も置きます。
そうなる前に、事前にクレジットカードを製作しておきましょう。

【おすすめ法人クレジットカード】

1、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

 

2、JCB法人カード

 

3、三井住友ビジネスカード

【まとめ】

家事代行サービス・便利サービスの開業準備に限らず、ビジネスで独立開業されるのであれば、事前準備は万全にしておきましょう。