シュロの木 伐採方法

今回のご依頼は、空き家になった庭のシュロの木を伐採して欲しい、と言う娘さんのご依頼です。
生前は、お父さんが大事にされたとの事ですが、大きくなりすぎて、落ちた葉っぱが、ご近所の雨樋を詰まらせたりと ご迷惑をお掛けしてしまうので、思い切って切って欲しいと言うものでした。

シュロの木の特徴ですが、幹の回りにフワフワした毛が覆っていますね、このままでチェーンソーを掛けるとチェーンソーが目詰まりして、切れなくなります。

まず、切る箇所の皮を、剥がしていきます。
そうです、切っていく箇所ごと皮を剥きます、以外に時間取られる地味な作業です。

皮が概ね剥けたら、まず上の葉っぱを切り落とします。

葉っぱをすべて、切り落としたら 上からチェーンソーを入れていきます。

トップを切ったら、皮を剥いでる箇所ごと 上から切っていきます。

仕上げです

無事 シュロの木 伐採完了しました。

 

今回の依頼売上

  • 出張費 3000円

  • シュロの木伐採作業費 2名作業 15000円

  • 廃棄物処分費 10000円

合計金額 28000円

ご依頼者も、喜んでくれて 隣のお家の方からも感謝されました
かなり時間かかりましたが、喜んで頂いて幸せです!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA