波板天井が劣化!危険!お悩みサポート

長年使い続けた、ベランダの波板天井、日焼けしてしまい色も、

あせて 所々、割れやメクレも有ります、このまま台風のシーズンに入り

強風に吹かれでもしたら・・・・
とても危険な状態です。

深刻な、ご年配の方からの、
お悩みです

2階のベランダの波板天井
ですと通常この作業は、

1名でも行えますが高所は危険が付き物ですので、2名作業で、行う事にします。

まず、古い波板天井を剥していきます。

外し方は、波板自体はフックで止まっているだけ、

なので、上から押して回して外して下さい。

古い波板は、割れやすく、手を切りやすいので、手袋は必ずして下さい。
天井波板が、すべて外れたら

両サイドの、波板が入る溝のゴミを掃除しておきます。

 

 

 

もとの波板の長さを測り、買ってきた波板の長さを切って調整しておきます。
*丸ノコの刃は、木工用では無く、キメの細かい刃の方が切りやすいですよ。

 

波板の長さ調整出来たら、
天板に乗せて張替です。

天板の上の溝と、下の溝の波板を
入れて、位置を決めていきます。

 

 

 

 

初めの位置決めが、出来たら2枚目を波板

2並~4並くらい重ねて、
かさなった中心に、ドリルで
穴を開けて、左写真の
波板フックを取り付けて、
それぞれ固定します。

この作業の繰り返しで、
端から端まで
フックで固定していきます。

フックは、プラスチック製と
金属製が有りますが、通常はプラスチック製で、大丈夫です。

 

無事、波板天井張り替え完了しました。
きれいに、波板天井張り替え出来て、お客様も大喜び お茶と
お菓子をご馳走していただきました、これが昔からの人情なんでしょうか。

最近は、こんな事も少なくなった気がします、人との繋がり
大事にしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA