自宅で取得可能 家事代行サービス起業開業前に有ると有利な資格14選

【通信教育ユーキャン自宅で取得可能な資格】

家事代行サービスを開業するのには、必要な資格免許は有りませんが、有ると基本メニュー以外にも出来る仕事が増えたり、名刺やチラシ ホームページに明記する事で、お客様へのアピールが出来るものが有ります。

家事代行サービス開業前に有ると便利な資格14戦

➊保育士資格
子どもたちの成長を見守る保育士は、楽しくてやりがいのあふれる仕事。「保育のプロ」として、生涯役立つ国家資格です。家事代行サービスでベビーシッターのメニューを増やす事が出来て、子供さんを抱えた共働き世代や、シングルマザーなどの援助をして差し上げる事が可能になります。

ユーキャン「保育士資格講座」へはこちらから


➋離乳食・幼児食コーディネーター
乳幼児の食と身体発達についての正しい知識を持ち、発達段階に合った食事を効率良く作ることができるスペシャリスト、乳幼児の居られるご家庭で、重宝してくれます。また、お客様宅での奥様との会話のネタに困らない、新世代有利な資格でしょう。上記の保育士と一緒に取得できれば最高です。

ユーキャン「離乳食・幼児食コーディネーター」資格講座へはこちらから


➌野菜スペシャリスト
健康的な生活に欠かせない野菜や果物。その効果効能や選び方、正しい調理方法などの知識を身につけ、暮らしに活かすことで健康と美をつくるスペシャリストです。最近の健康ブームとして食に関する知識を生かして料理代行サービスに役立てる事が可能です。

ユーキャン「野菜スペシャリスト」資格講座へはこちらから


➍発酵食品ソムリエ
納豆、醤油、味噌、ヨーグルト、甘酒…。発酵食品は”おいしい”だけでなく、健康と美容に優れた効果のある食品として注目を集めています。そのカギを握るのが、私たちのお腹の中に生息する100兆個以上の腸内細菌たち。最近の研究では、がん、糖尿病、高血圧などの生活習慣病にも腸内細菌が関係していることが明らかになっています。高齢者など健康を気にされる方への食のアドバイスも可能で、あれば役に立つ資格です。

ユーキャン「発酵食品ソムリエ」資格講座へはこちらから


➎生活習慣予防プランナー
「生活習慣病予防プランナー」は、生活習慣病予防に関する幅広い知識と、実践的スキルを持つスペシャリスト。「健康診断の結果が不安…」といった、お客様へのアプローチとアドバイスが可能になります。

ユーキャン「生活習慣予防プランター」資格講座へはこちらから


❻食生活アドバイザー
食生活アドバイザーは、プライベートから仕事まで、広く活用できる食の知識を身につけたスペシャリスト。食を大切にする風潮が高まる中、注目の集まる資格です。

ユーキャン「食生活アドバイザー」資格講座へはこちらから


❼介護食コーディネーター
介護食とは、咀嚼(そしゃく)に不安がある高齢者向けに固さや栄養を調整した食事のことです。近年、介護食は以前に比べて見た目も味も普段の食事のようにおいしく食べやすいものに変化してきています。高齢者人口が増加するにつれ介護食へのニーズが高まる昨今、介護食に対する正しい知識や調理のスキルを身につけておくことはとても重要です。

ユーキャン「介護食コーディネーター」資格講座へはこちらから


❽介護予防健康アドバイザー
超高齢社会の中、「介護予防」や「健康維持」のニーズが高まっています。介護予防健康アドバイザーは、中高齢者が安全に運動できるようにアドバイスし、健康的な暮らしをサポートします。

ユーキャン「介護予防健康アドバイザー」資格講座へはこちらから


❾高齢者傾聴スペシャリスト
傾聴とは、耳と目と心を使って話をしっかり聴き、相手の心に寄り添うこと。高齢者傾聴スペシャリストは、この傾聴を高齢者に行うための専門的な知識を持った人です。コミュニケーションを通して心のケアを行い、高齢者の生活や人生の質を高めます。高齢化が加速する今、福祉・介護・医療の現場のみならず、様々な場面で活躍が期待される、時代のニーズに応えるスキルです。

ユーキャン「高齢者傾聴スペシャリスト」資格講座へはこちらから


➓准サービス介護士
高齢の人や身体の不自由な人に対して、正しくサポートできる准サービス介助士。駅や街中など身近な場面で、学んだ知識を活かせるニーズの高い注目資格です。

ユーキャン「准サービス介護士」資格講座へはこちらから


⓫認知症介護士
高齢者の4人に1人が認知症、もしくはその予備軍という時代。こうした社会背景のなか、2014年に誕生したのが認知症介助士です。認知症の方と接する際の心構えやコミュニケーションの取り方など、認知症の方への正しい応対方法を身につけることができる資格です。

ユーキャン「認知症介護士」資格講座へはこちらから


⓬お掃除スペシャリスト
プロのお掃除の回数や計画の立て方・動き方を知ることで、いつものお掃除がランクアップ!家事代行サービス大手の「ミニメイド・サービス株式会社」が30年かけて培ったお掃除メソッドを凝縮した、ユーキャンのお掃除スペシャリスト講座。プロが使っているメソッドを理解してからお掃除を実践するカリキュラムだからこそ、さまざまな場所に応用の利くお掃除スキルが身につきます。

ユーキャン「お掃除スペシャリスト」資格講座へはこちらから


⓭整理収納アドバイザー
整理収納アドバイザーとは、片付かない原因を根本から解決し「散らかりにくく、片付けやすい」を叶える、整理収納のプロフェッショナル。プライベートにも仕事にも活かせるスキルが4ヵ月で身につきます。主婦の方をはじめ、受講者数は年々増加中。いま大注目の資格です!

ユーキャン「整理収納アドバイザー」資格講座へはこちらから


⓮愛犬飼育スペシャリスト
大切な愛犬との暮らしをより快適で楽しいものにするため、愛犬飼育で欠かせない食事や日常のケアはもちろん、実践的なしつけの方法や問題行動の解決法など、適切な飼い方について学ぶことができます。愛犬家のお客様へのアドバイスにも役立ちます

ユーキャン「愛犬飼育スペシャリスト」資格講座へはこちらから

ま と め
家事代行サービスで起業開業を目指してる方、 開業中だがワークメニューを増やしたい方など、ゆっくり自宅で資格免許を取得して資格をアピールする事で、集客にも繋がりますし、新たに知識が増える事で、より お客様への手助けができて社会貢献も可能です。あなたも、ぜひ資格免許取得を検討してみたください。

シニア世代の家事代行サービス 利用メリット

家事代行サービスというと、共働き夫婦の家庭や一人暮らしの世帯での利用をイメージされる人が多いと思います。でも実は最近、シニア世代が家事代行サービスを利用するケースが増えています。

少子高齢化の進む現代、今後は更にシニア世代の人口が増えていくと予想されます。家族への負担を減らすためにも、家事代行サービスを上手に使って頂きたい、ものです。そこで今回は、シニア世代が家事代行サービスを利用していただく上でのメリット等についてご紹介いたします。

シニア世代に家事代行サービス利用してもらうメリット

■身体への負担を減らす事が出来ます。
シニア世代にとって辛いことの一つといえば、身体が思い通りに動かなかったり足腰が弱くなってしまうこと。日々の生活の中では、布団の上げ下ろしや浴室の掃除等、意外に体力を使わなければできない家事がたくさんあります。そしてそんな家事の中には、足を滑らせて転んでしまったり、腰を痛めてしまうようなリスクの高い行為も潜んでいます。

そんな家事のリスクを減らすために、家事代行サービスを利用していただくのがいいですね。家事代行なら部屋の片付けや掃除といった基本的な家事から、庭のお手入れ等まで様々な家事に対応しサポート出来ます。

■ご家族の負担を減らすことが出来ます。
現代では、高齢の両親が動けないために週に何度も両親の自宅を訪れる必要のある人も増えています。大切な両親とはいえ、自分自身の仕事や生活もある中で、度々両親の家を訪れるのは大変なことです。また、遠方に住むため本当は両親の家を訪れたくてもなかなか訪れられない人もいるかと思います。

家事代行サービスは、そんな人にもとても便利なサービスです。両親の家の訪問日に代わりに何日か家事代行サービスを依頼していただくだけで、家族の負担を精神的にも肉体的にも減らすことができます。シニア世代の両親にケアに悩む人は、たくさん居られる事でしょう。

健康的な食事や生活が出来ます
一人暮らしのお年寄りにとっては、栄養バランスの整った食事を常時用意するのも骨の折れる作業です。というのも、食事には調理だけでなく、買い物やあと片付けも含まれるからです。また自分で用意するとなると、すぐに手に入るコンビニのパンやおにぎり等でいつも済ませてしまう、という人もいるかもしれません。

そんな食生活を改善するためにも、家事代行サービスを利用して頂き、手作りの料理を用意してもらうのは良いことです。週に1度程度来てもらい数日分の常備菜をつくってもらう等、生活スタイルに合わせて利用していただくと良いでしょう。

精神的なストレスを軽減できます。
シニア世代になると、誰しもが近隣に毎日話しのできる家族や友達がいるとは限りません。特に一人暮らしのお年寄りは、1日中話し相手もおらず一人で過ごすという人もいます。

家事代行サービスでやるべき事は、家事だけでなく高齢者の話し相手も務めることもしてください。日々の出来事や不安、ちょっとした雑談等が気軽に相談できる相手になって差し上げる事が、家族が安心して任せることのできる大切なポイントになります。

有意義な老後時間を確保できます。
最近では、健康で体力のあるシニア層でも生活の負担だからという訳でなく、プライペートを充実させるため、家事代行サービスを利用する人も増えてきています。金銭的にも時間的にも余裕のあるシニア層だからこそ、家事代行サービスを上手に利用してもらい、旅行等を楽しんでもらう事も活用例の一つです。

福祉サービスとの違い

現在、介護保険を使用した福祉サービスである介護施設やホームヘルプサービスを受ける際は、要介護認定を受けていなくてはなりません。これに対し家事代行サービスでは認定を受けていない心身ともに健康な高齢者であっても気軽に利用することができます。また家事代行サービスでは介護保険が適用されないので、全額自己負担となります。誰でも、週に一度や数時間だけ、特定の作業だけ、といった具合に手軽に利用できるのが家事代行サービスの利用しやすさです。

最近では、誕生日のお祝いとして子供から高齢の両親へ家事代行サービスをプレゼントするというケースもあります。上手く家事代行サービスを利用していただき、シニア世代も、それを支える子供世代も、ストレスなく充実した生活を送っていただきましょう。